『血海のノア』里見 有先生の吸血鬼ホラー漫画です。

 

里見 有先生といえば、「蟲姫」「火傷少女」などのホラーやミステリーが有名ですよね。

 

『血海のノア』は豪華客船という、逃げ場のない船の中で、乗客が一人、また一人と吸血鬼の餌食になっていくホラーミステリーです。

 

       

 

以下ネタバレになるので無料試し読みするならこちら

   ↓ ↓ ↓ ↓

 >>「まんが王国」で無料試し読み<<

 

検索窓に『血海のノア』と入れてください

 

『血海のノア』ネタバレ

 

【 外国人の女たち 】

 

あかりたちが執事風の男に謝っていたところ、弟のゆずるが外国人の女性3人といるのを見つけます。

 

外国人の女性は流暢な日本語を話し、ゆずるの頬にキスしました。

 

「とっても、sweetだったわよ」

 

「もし、よかったら、お姉さんたち、ゆずるの部屋に遊びに行っても――」

 

「だめだ!」

 

父親は即答し、自分の部屋に、と誘いますが、女性たちはサッサとさよならして言ってしまいました。

 

「超タイプだったのになー」と悔しがる外国人女性。

 

周りはそれをからかっていました。

 

【 金髪の少女 】

 

大広間でカケルはナンパした女子たちと話していました。

 

そこで深くキャップを被った少年を見つけます。

 

あかりたちが弟を探していたので、きっと、その子があかりの弟だと思って追いかけます。

 

「ゆずる君」と呼んでも振り向かない少年に、カケルは適当な名前で呼び甲板まで追いかけます。

 

「みちる」と呼んだ時にその少年は振り返りました。

 

その時、甲板に強い風が吹きつけ、少年の被っていたキャップが風に飛ばされ

 

長い金髪を風に舞い上がらせました。

 

その少年は、実は少女だったのです!

 

【 傷跡 】

 

部屋で弟のゆずるを寝かしつけているあかりは、ゆずるの首に4つの並んだ傷跡を見つけます。

 

「なんだろ、この傷…?」

 

あかりは父親に「首に4つも虫刺されできてる」と言って、ゆずるの傷跡を見せます。

 

父親はゆずるといた外国人の女を思い出し、ハッとします。

 

あの女たちと一体何の遊びをしたのか、と思ってしまいます。

 

その時、船内放送がかかりました。

 

『血海のノア』感想

 

あかりの弟は、まだ小さいのに、ヴァンパイアに目を付けられてしまったのでしょうか?

 

そういえば、ゆずるはまだ話らしい話をしていないなぁ…。

 

カケルが出会った金髪の少女は、冒頭に出てきた、血のプールに折り紙で折った船を浮かべていた少女のようですが。

 

『血海のノア』「まんが王国」無料試し読みできます\(^o^)/

 

「まんが王国」には、じっくり試し読みというのがあって、

 

フツーの試し読みよりも、多く読める漫画がたくさんあったり、

 

会員登録無しで読むこともできるのでおススメです!(゚∇^d) グッ!!

 

「まんが王国」はこちらから>>

 

検索窓に『血海のノア』と入れてください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha loading...